Kakure[ga] 隠我

Kakure[ga] 隠我  〒569-0803  大阪府高槻市高槻町6-3  1F
営業時間 17:30~23:00(ラストオーダー  22:30) 定休日 月曜日
072-681-1717

ホーム > スタッフブログ

2017年10月13日

第3回隠我ゴルフコンペ

10月9日(月祝)3連休の最終日に

第3回隠我ゴルフコンペを開催いたしました。

連休の最終日という中たくさんのお客様や元スタッフ

が集まっていただき本当に本当にうれしいかぎりです。

天気も快晴で数日前のちょっと寒いぐらいだったのが

とても暑いくらいで夏と勘違いするほどでした。

それもこれも晴れ女のオーナーのパワーでしょう(笑)

まだまだ、不慣れで3回目くらいでコツつかむ!!

っていろいろご迷惑もかけつつ皆さん楽しんでいただけ

たと思います。

隠我のスタッフとして参加させていただいたのですが

結果は、、、、、、、、、、、下から準優勝でした。

次のコンペまでしっかりと練習いたします!!

daisannkaigoruhukonnpe

 

2016年09月3日

隠我11周年記念イベントのお知らせ

朝晩過ごしやすくなって秋らしい風も吹き始めましたね。
さて、
隠我はおかげさまでこの年末で11周年を迎えます。

日頃の感謝の気持ちを込めて、
この度、11周年記念イベントを行うこととなりました。
この機会に是非皆さまお誘い合わせの上、ご来店くださいませ。

以下詳細です。

日にち:9月27日(火)~10月2日(日)
(ランチの営業はこの期間、お休みさせて頂きます。
ご了承下さい)
イベント内容
①通常¥5000隠我コース
¥3900(Thank youコース)にてご提供
②季節のお勧め単品料理通常¥500~¥1000
¥390(Thank you価格)にてご提供
③隠我店長とじゃんけん対決
勝てば、周年記念特典をプレゼント!
電話番号:072-681-1717(月曜は定休日です)
ご来店を心よりお待ちしております。

2016年08月6日

隠我秋のワイン会のお知らせ

夏本番の暑さが続いていますね。
さて、隠我では9月4日(日曜)に第2回目となるワイン会を開催いたします。
前回イタリア、フランスのワインを楽しんで頂いたワイン会。

今回は、隠我のコース料理を味わいながら、本物志向の国産ワインとの新しい出会いを楽しんで頂くワイン会を企画しております。
今回、コヤマカンパニーのワインソムリエ村田氏を招いてのイベントとなります。
お酒やワインに強いこだわりを持って、私たち飲食店に常に新しい提案をしてきた村田氏のセレクトされる国産ワインはどれも
納得のいくものです。
是非お誘いあわせの上ご参加下さい。
以下、詳細です。

日時:9月4日(日)18時から
場所:隠我店内
参加費:6000円
定員:16名

お申し込みはメールからでも、また直接お電話頂いても結構です。
電話:072-681-1717
(月曜は定休日。
なお8月14日~16日はお盆休みを頂いております)
メール:kakurega.takatsuki@gmail.com
ご参加お申込み、心よりお待ちしております。

2016年07月27日

7月24日嵐電貸切ワインパーティ、無事終了しました。

7月24日(日) 隠我&はてなのちゃわん合同企画「嵐電貸切ワインパーティ」開催しました。
スタートからいろんなハプニングが起きながらも京福電鉄さんに助けられながら無事に出発進行!
お客様同士のつながり、お客様とスタッフのつながり、ワインSUBAカンパニーの鈴木さんとのつながりいろんな繋がりを深く深く感じる、そんなイベントになりました。
「楽しかった」の一言では語りつくせない、
そんな時間と非日常空間をお客様のおかげで創れたと実感した二時間でした。

2016.7randen3

まずは冷たい玉露でおもてなし。
繊細な泡が特徴のスパークリングワインで乾杯!

2016.7randen7
綺麗な酸味の白ワイン。
果実味と厚みのある樽熟成された白ワイン。

濃度の高い果実味が特徴の赤ワイン。
樽熟成を3回した刺激に満ち溢れた赤ワイン。

そして最後はスペシャルワイン「バローロセレクション」を楽しんで頂きました。

料理ももちろんスペシャルです!
隠我でご好評頂いているローストビーフや
甘鯛をイタリアンに仕上げた焼物、焼き茄子の香りが封じ込められたゼリー寄せ等々、
和食だけどワインに合うお料理をお弁当いっぱいに詰め込みました。

2016.7randen6

嵐山の駅での1時間の停車中ははてなのちゃわんの山口店長の鱧の実演調理!
骨ぎりの包丁さばきは流石見事な腕前。

2016.7randen10

帰途はスタッフによるアカペラライヴで歌に酔いしれて頂きました。

ワインを楽しみながら、お話を楽しみながら、そして
食事を楽しみながらの自由時間となりました。

2016.7randen9

 

2017.6randen8

半年前から入念に打ち合わせと準備を重ねてきたこの企画、
終わってみれば、あっという間に時間はすぎて、
お客様もスタッフも「もう1往復した~い!!」と
思うほど、楽しい時間が一瞬で終わった感じでした。

お客様の楽しそうな笑顔を思い出すと、
また必ず、こんな企画を立てて楽しんでもらいたいと
思います。

2016年07月19日

7月コース料理「高槻地鶏のたたきと冬瓜万頭」と日本酒「緑川『緑』純米吟醸雪洞貯蔵酒」

梅雨もあけて、7月ももう後半ですね。
7月コースでお出ししている冬瓜万頭と高槻地鶏のたたき。
夏のほっこりするお料理です。
高槻地鶏は弾力が非常に強く、歯ごたえがしっかり。
本当にのびのび育てられていると実感できる美味しさ。

是非一緒に楽しんで頂きたいお酒
「緑川『緑』純米吟醸 雪洞貯蔵酒」。
新潟県の緑川酒造さんに造られる雪洞でじっくり寝かされた
日本酒。
雪国らしい淡麗辛口の味わいの中にも、ふくらみとジューシーさを
楽しめる、そんな日本酒です。

そして、着々と7月24日の嵐電貸切イベントの準備を
整えていっています!
まだ若干空きもありますので、ご興味のある方は是非、
お問い合わせ下さいね。

2016.7touganmanju

2016年07月3日

鮎のコンフィ~寺本農園夏野菜のラタトゥイユと「大信州 夏さらさら 純米吟醸」

夏が来た!と思わす蒸し暑さが続きます。
7月コース料理の1品です。
鮎のコンフィ。
低温でじっくり3時間煮込んで旨みを封じ込めた鮎。
鮎独特の癖はないけど、鮎の美味しさをしっかり堪能
できる仕上がりです。
一緒に添えているのは寺本農園の夏野菜で作ったラタトゥイユと
寺本農園の胡瓜で作った胡瓜のソース。
寺本さんちのお野菜に最近すっかり、惚れ込んでしまって
寺本さんちのお野菜を使ってお料理を作ると
少しテンションがあがってきます。
北アルプスの仕込み水で仕込んだ美味しい夏酒、
「大信州 夏さらさら 純米吟醸」をご一緒にいかがですか?
さらっと飲みやすいお酒と
夏らしい鮎のお料理をご一緒に楽しんで下さい。
2016.7ayu

 

2016年06月21日

鱧の炙りと奈良萬生貯蔵酒

6月¥5000のコースでお出ししているお料理、
鱧の炙りです。
自家製のポン酢で造るポン酢ジュレ、大変ご好評頂いています。
香ばしく炙った鱧をそのポン酢ジュレで召し上がって頂きます。
日本酒は低温で半年間熟成された、柔らかさ、
フルーティさを残した「奈良萬 純米生貯蔵酒」がお勧め。
お料理とお酒の組み合わせで、是非夏らしさを味わって
頂きたいです。

 

 2016.6hamoaburi

2016年06月18日

ライチのシャーベット

暑い夏を涼しくする、デザート第2弾。
ライチのシャーベットです。
本当に爽やかな味わいです。
ライチの美味しさを引立てる隠し味に
生姜等々、色々試行錯誤して入れてみました。
お口の中から涼しさを感じて頂けること間違いなし!
今日はお席にまだ余裕がありますので
是非お越しくださいね。
お待ちしております!

 

 2016.6raitisya-betto

2016年06月17日

6月コースの揚げ物「寺本農園の無農薬夏野菜ときすの天ぷら」と「奥 夏吟醸」「ルナ カタラットシャルドネ」

雨もやんで、今日はちょっと晴れ間も見えそうですね。
6月コースの揚げ物は寺本農園さんの夏野菜ときすの天ぷら。
自家製のブレンド塩をつけて召し上がって頂きます。
自家製の海老塩、胡麻塩、抹茶塩で。
寺本農園さんのお野菜の天ぷらと海老塩が
ベストマッチ!お勧めです。
一緒に楽しんで頂くお勧めのお酒は
日本酒は「奥 夏吟醸」
白ワインは「ルナ カタラットシャルドネ」
いつも飲み応えのある「奥」シリーズの夏限定のこのお酒は、
特別に飲みやすく仕上がっています。
甘味、香り、柔らかさの絶妙なバランスが塩で楽しんで頂く
天ぷらとピッタリ!
口当たりの良い「ルナ カタラットシャルドネ」は
天ぷらの優しいオイリーさを引立ててくれます。
今日もおかげさまで予約でお席はいっぱいですが、
ちょっと遅めの時間でしたら空席がでると思います。
カウンターのお席には余裕がありますので、
是非、お問い合わせ上、ご来店下さい!
2016.6kisuten

2016年06月16日

梅と小豆の赤紫蘇ゼリー寄せ

夏に向けて新作デザート2種類作りました。
1つはこれ。
青梅をシロップ煮にしたものと自家製の小豆煮を
赤紫蘇で作ったゼリーと一緒に召し上がって頂きます。
梅ってとってもデリケート。
梅を炊くには梅につきっきりになってしまいます。
優しく炊いた甘酸っぱい梅、赤紫蘇の清涼感、
そして小豆の優しい甘さの組み合わせが、うっとおしい夏を
忘れさせてくれます。
食後にさっぱり!是非どうぞ!
2016.6akasisozeri-